永易久美子の “ 食ぅ想ぅ ”

出張料理、Galleryやイベントへのケータリング、和食から色々な国の料理、Vegan、Vegetarianの方用意のケータリングも行う。家庭料理の発想を大切に、美味しくて楽しくなるような、体にやさしい料理を提案していきます。料理教室主催。

『乾酪』

漢字からイメージしてみます。
乾酪と書いて、カンラクと読む。
何だろ、何だろ?

チーズ!
漢字表記です。

漢字で書くと、
イメージがわきますね。

乳を酵素で凝固させ、発酵させた食品。

乾燥した酪農食品。

こうやって言葉ができていくのでしょうか。









くうそう

食ぅ想ぅ

食の仕事をしていて、
色々な方と出会い
何故自分が食の仕事を選んで
やっているのか考える時が
あります。

好きではじめたと言う単純な
動機でしたが、
関わっているうちに食は本当に
色々な事に繋がってるなと
実感しています。

心も体もどう満たして行くかは、
人それぞれ。

口で感じる美味しさだけでなく、
見て感じる美味しさ、
食材の背景を知る事からさらに
美味しく、愛おしく、幸せを感じたり。

歴史、地理、社会、文化、音楽、科学、哲学、
感性にも、考え方にも繋がる。
美味しさの感じ方は、個人の経験の蓄積によってそれぞれ違ってくる。

多様な経験をする事が
その人をつくる。

大人になってからでも遅くなりませんが、
小さな頃から色々な経験をしていく、
不味いも美味しいも、色々体感する事が
生きていく楽しみを広げると思います。

勉強が嫌いだった私ですが、好きなことをきっかけに他の分野にも興味を持ってもらえたらと。食をきっかけにお子様と関わりながら一緒に楽しむ機会がやっと夏にできました、上手く話せるか自身がありませんが、誠実に一緒に考える時間をつくれたらと思います。

世界にも興味が湧いてくる、様々な事にアンテナが立っていく。






椎茸の小話

食用のきのこの旬は主に秋
ですが、椎茸は秋と春の2度旬がきます。
秋の椎茸を「秋子」、
春の椎茸を「春子」と言うそうです。

秋子は、色が濃く香りが高いのに対し、
春子は、見ためもみずみずしくふっくら柔らかく、味がいいのが特徴。

可愛い名前ですね!

1月29日料理教室終了しました!

https://www.facebook.com/kuusou.kitchen/posts/640271466177860

石田朋子さんの初個展にてケータリング

フードユニットesaraでおめでたい初個展のケータリングをさせていただきました!

f:id:nagayasukumiko:20161206145313j:image

野菜の不思議

f:id:nagayasukumiko:20161122112555j:image
葉脈が紫とはどういう事でしょう。

人間でいうと、血管のようなもの。

葉脈や野菜の断面をみると、生物の神秘さに
ゾクゾクッとします。
カッコいい色合いだ!

高菜のチップス。